株投資についてをPRの視点から解説

お金持ちのなる人の思考法

  • HOME »
  • お金持ちのなる人の思考法

世界有数の経済誌『フォーブス』に載るような大富豪たちは共通して、「なぜ、お金持ちになりたかったのか?」という質問に、「自由になりたかった」と答えています(p116)

・動くか、動かないか。試すか、試さないか。気づくか、気づかないか・・
平等に存在する仕事運、対人運、金運、恋愛運などの運に対して、あなたがどう向き合っていくか(p63)

・DaiGoさんは、「自分は運が良い」と考えている人は、行動する人だと解説します。
成功する確率は誰でも同じ。だから行動する数が多い人は、成功する確率が上がる。さらに失敗しても自分は運がいいと信じている人は、自分の可能性を信じ、また挑戦する。

・運のいい状態にある人は、他の人よりたくさんのことを何度も試している人・・(p30)

*結果を出すためには、コーチングは毎日しなければいけない
活動のひとつにべきである…… 本当にそう思っていますか。
リーダーのうち3人に1人は
「コーチングは時間がかかりすぎる」と考えています。

…もしあなたが、私が全員の問題を解決しなきゃ!と信じるあまり、チームの仕事に関与しすぎたり業績評価に長時間かけすぎたりすれば、たしかにそうなるでしょう。本当のコーチングとは周りの人が目標を達成し、スキルを磨き、望まれる結果を生み出すために「最適な方法を見つける助けになること」です。
「コーチングには、チームの生産性や効果性、エンゲージメントを強化する力がある。」
こう信じているリーダーもいます。
そのようなリーダーは仕事を完了してチームを開発するために、毎日コーチングを行っています。彼らこそが「コーチングにおけるリーダー」なのです。コーチングでは、5つのことにフォーカスしましょう。

1.信頼を築く。

信頼がなければ、善意のコーチングも仇となります。
効果性の高いコーチは、チームメンバーに対して頻繁に、かつ正直に語りかけます。
高い信頼関係の仕事上の関係を築くために、チームメンバーのことをよく知りましょう。

2.コーチングのパートナーシップを築く。

(両者がアカウンタビリティを持つ)
チームメンバーに対して、次のような期待値を設定しましょう。

・助けを求める。
・フィードバックに耳を傾ける。
・オープンで意味のあるフィードバックを与える。
・合意事項をフォローアップする。
効果的なコーチングは、全員まとめて出来るものではなく、マンツーマンで実現するものです。

 

3.フィードバックを求める。

それぞれのチームメンバーに対する

最適なコーチングアプローチを学ぶためのフィードバックを求めなければ、全員を喜ばせようとして無駄な時間を使うことになります。あなた自身が自分を素晴らしいコーチだと思っても、あなたの部下は「こんなコーチング時間の無駄だ」と思っているかもしれません。

 

4.効果的に委任する。

求められる結果や、その他の要素(範囲、期間、リソース、意思決定者、内部事情…etc.)を明確に伝えることで、問題やタスク(”何” がなされるべきか)を委任しましょう。そうすれば、委任されたチームは、彼らの専門性を使って最適なアクションを決定できるでしょう。

 

5.もっと質問する。

質問をすればするほど、過剰に部下をコントロールしたり意味のないアドバイスをしてしまうリスクが減ります。また、このような協力的な姿勢を見せることで、あなたが相手の仕事に興味を持っていることを示せます。優れたコーチは、常にコーチングしています。

*選択肢が少ないから短気になる。

– 高橋敏浩 –

・速読:能力を高めるための勉強をしている人達を見てきました
その中で、多くの方が勉強ばかりをしてしまっていると感じています。重要なことは、学んだことを現場で実践して失敗や拒絶に対する恐れを楽しめるようになることです。なぜなら、失敗や拒絶に対する恐れがあると、恐れの感情によって行動を止めてしまうことになるからです。成功の鍵は、学んだら実践し、自分の行動を止めている恐れを克服していくことです。

・貯蓄家と投資家の違いはズバリ、レバレッジです。
レバレッジとは、少ない時間とお金を使って大きなものを動かしたり作ったりすることです。(てこの原理)特にお金のレバレッジには代表的な9個のレバレッジがあります。

・お金の増やすスピードをあげるにはレバレッジが必要だとお伝えしました。
その中でも特に重要なレバレッジは「借金」です。非常に残念なことは、この借金に対する見方がマイナスになっている方がほとんどだということです。

・借金には、
・「良い借金」
・「普通の借金」
・「悪い借金」
の3種類があります。

良い借金は、自分の資産を増やしてくれるもの。
(不動産や、優良なフランチャイズシステム、ビジネスモデルなど)

普通の借金は自宅や車を購入するもの。家族愛を満たせるもの。思い出を作るためのもの。
(住宅ローン・教育・事業拡大など)

悪い借金は自分のためにするもので、生活や遊びなどに費やしたりするもの。(カードローン、消費者金融、贅沢品など)
・株:一流の建築業者は、家を建てるときに台風や大雨などの自然現象が起こることまでも
予定に入れて、計画を立てているそうです。
もともと、思い通りにいかなかったり、計画通りにいかないのが、あたりまえ…
だからこそ、思い通りにいかないことを予測して、何度も計画を作り直すのが、本当の計画と言えます。

起こった出来事をみなさんがどう解釈するかによって、その状況は、プラスにもマイナスにもどちらにも、簡単に変わります。

 

・【すべての出来事は成功する理由でしかない】
『夢の実現をしていく中で、最も大事なことは起こった出来事をどう解釈するかの質である。』

・「思考が現実化しないのはなぜですか?」という質問をされる人がいます。
その理由は、
1.イメージが弱い
臨場感が溢れるほどの、強いイメージを持っていない。

2.イメージが現実になることに対して、
強い期待と100%の信念を持っていない

3.イメージを毎日描き続ける事をしていない
(理想のイメージを諦めて、日々の生活をイメージしてしまう)

この3つのどれかが当てはまるのではないでしょうか。
・速読:「論理的な話し方」は、読書でしか身につかない(p107)

・・「丹羽君、君は自分の能力を
自分で評価しているようだけど、自分の能力は他人が評価するものなんだ。自分でしちゃいけないよ」
私はこの言葉に、ものすごくショックを受けました(p153)

*会社員の出世を決めるのは上司です。一生懸命仕事をして成果を出して上司を喜ばす。
成果を出していればどんどん難しい仕事を与えられる。

*速読:最後に、やはり読書はしたほうがいい。
なぜなら、読書で知識と相手を説得する力が蓄えられるからです。

・給料が低いの安いのとボヤく前に、まずは「お金をもらって勉強させてもらっている」
という気持ちで何でも興味を持ってやってみる。いやいや働くより何倍も仕事のやり方が身につくでしょう(p37)

・「人は仕事で磨かれる」ということです。

*速読:ホストでも成功している人は、学びながら行動している人です。

・ひとつのことに1万時間を費やせば、その道で成功を収めることができる・・
「1万時間の法則」を信じて、行動を起こしてみよう(p70)

・株:失敗という名の箱がいっぱいになったとき、夢は叶う・・
何かに挑戦すると、9割以上はたいてい失敗する(p82)

・速読:私流の言い方をするならば、
「読書のススメ」というよりは、「読書しながら行動するススメ」なのだ(p165)

・・「3階層ファネル」の法則・・
単一の商品を販売する単品リピート通販のビジネスモデルでも、
工夫しだいでつくることができます・・
フロントエンド商品:お試し商品
ミドルエンド商品:本品購入
バックエンド商品:定期購入(リピート購入)(p240)

・速読:

「覚える」というより「論理構造を理解する」。
「何を知りたいか」から逆算する。
インプットは「平安京エイリアン」と同じ、先に知識が入る穴を作る。

カラーバス効果。

好奇心が一番大事。
ノートに書き出す本当の意味

などなど、ノートの活用だけでなく「情報整理の方法」まで聴き出しています。

・速読:アウトプットはたいてい講演、講義、あとは本ということになるんですが、一番のポイントは階層構造を意識しながら、目次を作るということです。自分が話したい項目が5つあったら、それぞれの項目に3つのポイントがあって……という具合に論理構成を組み立てつつ、まず目次を作る。それが基本です。

ピラミッドストラクチャーで、ノートに書くということ。

・速読:何を知りたいか、から逆算する。

「自分が一番知りたいことは何だろう」と考えるんです。

すると、「自分が一番知りたいこと」を知るための読書をしようとなるわけです。インプットは、これが一番大事だと思っています。

・速読:「何のための速読なのか」というフレームがなかったら、そもそも意味がありませんから。

・「自分が知りたいこと」という穴をきちんと掘っておいて、そこに情報なり、知識なりを入れる。そのやり方がインプットでは大事だってことですね。

・「社長の考え方をわれわれに強制するのはおかしいのではないか」と返ってくる。
特にインテリの従業員ほど強く反発してきた。
「確かにどのような考え方をしようと自由だ。しかし、うちの会社はこういう考え方で経営をしていくつもりだから、うちの会社で一緒にやっていこうと思うのなら、ぜひそれを理解してもらいたい。理解できない人は自分の考えを理解してもらえる会社に行ってもらってよい」(p21)

・経営を伸ばせるかどうかはトップの熱意と考え方にかかっている。
創業期の零細企業であれば経営者の情熱で組織を牽引できるが、そこから中小企業へと成長していくと、社員たちの心をまとめるために「哲学」が必要となる(p170)

 

・部門別・科目別に前月の実績と当月の予定が
びっしりと記された採算俵をもとに、私が疑問に思う数字を見つけては、たとえそれが交通費や光熱費などの細かい経費項目であっても「なぜこのような数字になるのか」と徹底して追及していった(p49)

・「やらされ感」や「損得勘定」では、動くほど集中力は働かない(p42)

・ワクワクするためには、
小さな成功を積み重ねればいいというのが、成功科学です。大きな目標を立てるのではなく頑張ればできそうな目標を立てるのです。最終目標が難しければ、小さい目標に分割してしまうのです。

「小さな成功体験」がもたらす自信が
集中力を高める・・必ず達成できるレベルから取り組んでいく・・(p172)

・「あとで」ではなく今やる!」を習慣づける(p111)

・取りかかりやすい簡単なことから手をつける(p134)

・勝負自体を「闘い」ではなく、
「自分を高めるチャンス」「自分の力量を試すチャンス」ととらえましょう(p197)

・求める人材がなかなか見つからぬのは結局、
日本の各社がいたずらに余剰人員をかかえて手放さない。いや手放せないことが一つの原因をなしているからである。
余剰人員とは、貴重な人を無駄に使っていることにほかならぬような気がする(p21)

・「ああしろ、こうしろ」とは言わず、
「もっとよい方法がないか一緒に考えてほしい」「君なら他によいアイデアが思いつくかもしれないから相談するのだが」と、
部下に意見を求めることを習慣にしていました(p216)

・反対意見を述べるときは、必ず理由と代替案を添えることを
チーム内のルールにしていました(p216)

・私の体験からいうと自分の思う通りできなかった
場合がたくさんある・・ところが、おもしろいことに、その失敗が成功に転化している場合が非常に多い・・私は失敗を多くしおって成功している・・(p101)

・人格と能力を先に身につけることが、究極の事前対応である。

– 高橋敏浩 –

・失敗しても、それを人のせいにしたり弁解したりせず、常にそこから何かを学ぶようにすれば、あなたの知識の宝庫はどんどん豊かになる。

・モチベーションが高くても、地図が間違っていたらゴールには辿り着けない。

– 高橋敏浩 –

・より多くのことをより速く行っても、正しいことを行う代わりにはならない。

– スティーブン・R・コヴィー –

・高杉:本当の成功とは、物質的なものではなく心の中にあるということも学びます。

・次回までに”死ぬまでに叶えたいドリームリスト100″を作ってください。
ポイントは願望を書くことです・・あくまでも願望なので、叶ったら儲けもんぐらいの気軽さでちょうどいいんです(p64)

■そして次の段階は、ゴールや目標の設定を妨げている
心のブレーキを知ること。目標達成のための行動を妨げている心のブレーキを知ること。そしてそのブレーキの外し方を学ぶのです。

・高杉:夢は持っているだけでは、いつまでも夢のままです。
夢を夢で終わらせないためには、夢に向かって一歩踏み出し、歩き続けることです(p43)

・社員や下請けの人たちの前や、公の場で、目標について話をする時は、必ず何のために、という目的を強調するようにしました。
すると面白いことに、みんながだんだんと目標を意識するようになり、それにつれて、自然と仕事へのやる気も高まっていったのです(p58)

・その夢やゴールや目標を立てる時にかかるブレーキは、どうやったら軽くなるでしょうね・・
ブレーキを感じたら、夢やゴールを小さくすればいいんですね(p113)

・結果に価値を置く考え方を、
成長の過程に価値を置く考え方に変えるのです・・《ゴールに向かいだしたスタート地点をゼロとすると、現在はどれくらい成長しただろうか》(p118)

・高杉:失敗や挫折の意味づけを変える方法です・・
《失敗は、次回の成功のための糧になる》《成功している時は浮かれるが、失敗した時は学習する》《失敗や挫折は、魅力的な人になるために必要な体験》《失敗は、最大の学習と成長のチャンス》といった意味に変えてみるのです(p119)

・組織が人に目標を与える時にポイントは、会社の目標と個人の目標の接点を見つけて共有する(p134)

・ゴールを手にするために必要な材料が書かれたもの、つまりゴールの構成要素を分解して書いた設計図を用意する。
その次に、ゴールを手にした時のイメージを描いたもの、たとえば、写真とか絵とか、言葉で語られた完成予想図。あとは実際にゴールを手にする工程、つまり行動計画を書いた施工図があればいい(p150)

・高杉:世の中にはどうすれば成功するかを知っている人は、山のようにいる。しかし、それを実行する人は、ほんのわずかな人だけ。(p234)

・まず自分の頭で考えて欲しい。
日本人は世界最高のものを模倣している。まずそれをやめるのだ。客観的に自分の力を見極め、そこから自分の道を探して欲しい。
その先にのみ、栄光は待っている(p41)

・叱る技術:監督へ意見するということを選手の誰一人もすることなく育ってしまったこと・・あるいは、「人に何か言うことを、日本人の誰もが好まない」ということが、

コミュニケーション不足の原因ではなかろうか(p48)

・株:お客様の要望で「お金を返せ!」というクレームにはどう対応するのか?その答えは1つです。判断基準を決めておくということです(p191)

・仕事ができない社員ほど「自分は仕事ができない」という自覚がなく、プライドが高く、変化を嫌う・・(p83)

・「仕事のできない人には期待はしないが、バカにもしない」・・確認するプロセスを細かくしていくことが最適です・・一番怖いのは仕事ができない人の反乱です(p171)

・戦略:理論:上司に「報連相(報告・連絡・相談)」・・
「空を見ると曇っていた(事実)。雨が降りそうだから(洞察)、傘を持っていこう(打ち手)」と覚えてください(p33)

・優秀なリーダーたちの行動計画には、1つの型がありました。簡単ですぐできるものばかりだったのです。
「早起きする」
「あいさつをしっかりする」
「1週間に1冊は本を読む」(p214)

・高杉:当時の欧米諸国は、チベット、ウイグルを占領・搾取している今日のシナと同様の侵略国家であった。「攘夷」とはその侵略と戦って、国家の独立を守ろうとする考えである(p171)

・高杉:日本は1億人という人口を持ち、一人ひとりが一つの目標に向かって寄り添うことができる国。そうした国だからこそ、アジアで唯一植民地にならず、戦後の焼け野原から経済復興を果たすことができたのでしょう。

・大金持ちは、最低でも3年続けないと成功しないことを知っています。
なにごとにつけ、努力を続けないと成功はあり得ないし、短期間で成功するのは困難。大金持ちはこう考えています(p198)

・ビジネス書で得た知識を実践で生かしてきたからこそ、莫大な富を築いて大金持ちになったのではないでしょうか(p61)

・興味深かったのは、オーストラリアのホスピスで余命数週間の人から「人生で後悔していること」を聞いた結果でした。

自分に正直に生きたかった。
自分の気持ちを伝えればよかった。
自分が幸せになることを許せばよかった。

・例えば、収入がいくら増えても、年収750万円を超えると幸福度はそれほど増えないという研究結果を示しています。「物質的満足」と「幸せ」が必ずしも比例しない(p64)

・先輩コンサルタントの仕事を徹底的に観察した・・
・暇があれば、知識のインプットに努めている
・資料作りにムダがない
・次に何をするのか、明確なイメージがある
・ミーティングにムダがない
・上司やクライアントをうまくコントロールしている
・この会社で働くことにこだわっていない(p10)

・高杉:結果は2割増し、プロセスは「8割増し」で褒める・・マネジャーがどういう人を褒めるのか。部下はそれをよく見ています(p178)

・人間は論理で理解しても納得しない。理屈では物事は決まりません。最後はやはり感情で決まる。最終的には、好き嫌いなのです(p44)

・高杉:気付いたのは成功しているマネジャーは、
優秀な人ではなく部下に寄り添う人でした。
部下の不満を聞いてあげる。部下のプライベートの目標と、会社の成果を結びつけてあげる。
調子に乗っている人には注意する。

・「いい人生だったよ」彼はよくそう言った。
「そう、いい人生だった」・・・レニーは、幸せになれるかどうかは、その人が置かれた環境よりも、積極的に幸せになろうとしているかどうかにかかっていることの生きた見本だった(p249)

・お金走る:お金は本当に誤解されている。
好きなことはお金にならないと思い込んで、ずっと自分に合わない仕事をつづける人たちがいる。その反対かもしれないのにね。本当に好きなことだったら、外の仕事より集中できるからお金がもっと入ってきてもっと幸せになれるかもしれない(p114)

・死を宣告された人は、自分の人生を振り返るというぜいたくな時間が与えられた幸運な人だという。

死ぬ前に公開すること。それは、
後悔1 自分に正直な人生を生きればよかった
後悔2 働きすぎなければよかった
後悔3 思い切って自分の気持ちを伝えればよかった
後悔4 友人と連絡を取り続ければよかった
後悔5 幸せをあきらめなければよかった
なのです。

・高杉:信念が試される瞬間が来たとき、リーダーが普段の言動から少しでも外れたことをすれば、部下の信頼は一瞬にして崩壊する。みんなの気持ちが離れていってしまうのだ(p136)

・速読:お金儲けが上手なユダヤ人は、頭脳への投資を惜しまないという。もっとも手軽で効率的、そしてリーズナブルな投資は「読書」なのだ(p91)

・株:高杉:「ナンバーワンになろう!」と覚悟を決めることで本気モードにスイッチが入る。そして、営業の仕方から外見、接客のコミュニケーションまで、すべてをナンバーワン獲得のために変えていくのだ(p44)

・一流のホストは、
一流の考え方をしているのです。

・株:高杉:最初の10年はだれでも進歩する。
だが、そこから先進歩するのは、努力し続けた人だけというわけである(p32)

・私が考える「うまい文章」とは・・
「行動を促す文章」(p131)

・自分が本当に伝えたいメッセージを断言する。
そのために、論点を整理し、文章を補ってくれるような、説得力のあるデータを探すわけです(p63)

・私がときどきやっている手法は、しゃべっているつもりで書くことです(p113)

・訪問者をS・A・B・Cランクに分ける・・
S:アポイントが取れている/今すぐ客/発注を検討中
A:取引き積極的/成約の可能性がある/ニーズが見込める
B:反応は悪くない/訪問には前向きでない/そのうち客
C:接触を望まない/顕在化したニーズがない(p150)

・1展示会はズラして選ぶ
2お客様のメリットをキャッチコピーにする
3それを目立つツールにして掲示する
4来場者を誘引する仕掛けをつくる
5積極的な声かけはしない(p184)

・優秀な人材の流出を防ぐには、会社のビジョンと社員の夢のベクトルを一致させること(p24)

・トヨタの現場では昔から「変化こそが安全性を保証する」と言われていました・・上司からも「立ち止まることは後退することと同じだぞ」と注意されたことがあります(p236)

 

アクセス

  • 50603総訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 34昨日の訪問者数:

PAGETOP
Copyright © PR書籍 All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。